外壁塗装と屋根塗装をする際、いつの季節が良いのかしら?

そもそも家の塗装工事に季節が関係するのかな?

疑問を持たれた方もいらっしゃると思います。

多くの方が雨や寒暖の影響を心配されているようです。

実際、雨が続き塗装が出来ずに工期が延びたら、完了予定日に影響しますし、

寒暖で塗装の仕上がりに影響が出たら困りますよね。

塗装工事は十数年に一度しかない家族の一大イベントです。せっかくならベストな季節に行いたい。皆様が思われることです。

実際に塗装工事と時期に何が関係しているのかご紹介します。

気候条件

・外壁塗装工事には気候条件が大きく関係してきます。

・外壁塗装にとってベストな気候条件は「気温:15℃〜30℃、湿度:75%以下」 です。

・外壁塗装の場合、最適な時期を決めるにあたって重要になるのは、「塗料の硬化(塗膜の形成)と乾燥がどれだけ効率よく行えるか」という要素なのです。

・外壁塗装に使用する塗料が水や湿気に弱いという特性があるためです。

・また、塗料の重ね塗りをする際には、一定の期間をおいてその都度乾燥させてから重ね塗りをする必要があり、乾燥時間の長さは気候条件の影響を受けます。

外壁塗装は特に制限などなく一年中施工することができますが、外壁塗装に使う塗料の強度を最大限に活かすことと、外壁塗装を効率的に進めるためには、外壁塗装に適したベストな季節や時期に施工をすることもポイントとなります。