工事内容の変更や追加工事が発生すると、外壁塗装の金額は変化します。塗る面積が明確であっても、想定外の事態が発生する可能性があるからです。

見積実測中には見えない部分もあります。その他、工事の進行中に発覚する損傷個所なども稀にあります。そうした箇所に補修や追加工事が必要になるため、金額が変動することがあります。

想定外の状況はできるだけ回避したいのですが、どうしても把握できない部分は出てしまいます。

お客様のご理解とご協力を得ながら、最善の解決策を提供するために、途中での変更や追加工事が必要になった際には、可能な限り事前にご相談させていただきます。

工事内容の変更や追加料金でご注意いただきたいのは、悪徳業者の場合です。

変更内容や費用が正当な理由なのかが重要なポイントです。

悪徳業者は口約束で工事の契約を結ぶパターンがあります。口頭での工事締結ではトラブルの原因となります。正確な記録が取れていない為「言った・言わない」の水掛け論になりトラブルの解決に不利になります。また、契約の間際になって値上げする悪徳業者も存在します。そのため、必ず見積書と契約書は書面で受け取るようにしましょう。

外壁塗装の業者選びを間違えてしまうと、「悪徳業者」による追加料金トラブルがおきてしまう可能性もあります。

お店選びには余裕をもった期間配分と、慎重に選んでいくことが大事です。