クリア塗装がおすすめできる外壁のご紹介をします。クリア塗装は無色透明の塗料で施工する事から、すべての外壁塗装に適応できるようなイメージをお持ちの方も多いと思いますが全ての条件には対応しておりません。

クリア塗装を検討されているご家庭の方は、外壁にクリア塗装が適しているのかどうか参考にしていただきたいと思います。

  • クリア塗装が適している外壁 

①劣化や損傷が少ない外壁

外壁の塗膜劣化が進行し、損傷が目立つような場合は、クリア塗装ではその劣化箇所が際立ってしまいます。そのため、クリア塗装は、劣化や損傷が目立ち始める前に行うのが適切です。具体的には、新築から10年未満から10年前後の外壁が適しています。ただし、10年未満であっても劣化や損傷が見られる場合は、クリア塗装が適していない可能性がありますので、塗装前に状態の点検が必要とされます。

②デザインをそのまま残したい外壁

デザインを損なわずに外壁をリフレッシュしたい場合は、クリア塗装が最適です。特に、サイディング外壁などのデザインが気に入っている場合は、クリア塗装を選ぶことで外観デザインをそのまま残すことができます。

③窯業系サイディングやモルタル・コンクリートなどの外壁材

窯業系サイディングやモルタル・コンクリートなど、デザイン性の高い外壁材にもクリア塗装が適しています。これらの外壁材は、デザイン性の高い外観を演出することができ、クリア塗装を施すことでその美しさを保ちながら、耐久性を高めることができます。