スレート屋根のメンテナンスには、塗装メンテナンス、カバー工事、葺き替え工事などの手法があり、それぞれメリットがあります。スレート屋根はデザイン性が豊富で施工が安価なため、新築に人気ですが、表面の塗膜の保持が重要であり、定期的なメンテナンスが必要です。

1. 塗装メンテナンス

頻度: 7~10年に1度が一般的。

メリット:短工期かつ低コストで、表面の劣化を防ぎ、屋根機能を回復。

2. カバー工事

対象: 既存屋根の上から新たな屋根材を葺く。

メリット: 施工が簡略でコストが低い。アスベスト含有材の処分費用を回避できる。

3. 葺き替え工事

対象: 既存屋根全体を撤去し、新たに設置する。

メリット: 建物の寿命を延ばし、屋根下地まで新築状態に復元可能。

これらのメンテナンス手法は、屋根材の耐用年数や劣化の状態、建物の築年数によって選択するべきです。定期的な点検と適切なタイミングでのメンテナンスは、将来的なトラブルやコストを軽減する重要な措置と言えます。

まとめ

スレート屋根の建物では、通常、築7~10年目には塗装工事、築20年程度でのカバー工事が一般的なメンテナンススケジュールとされています。しかし、適切なタイミングでメンテナンスが行われなかった場合、屋根下地迄劣化が進行し、葺き替え工事が必要となり、大きな費用が発生してしまう場合もあります。屋根は日常生活ではなかなか目に付きにくい場所であり、劣化状態に気付きにくい傾向があります。こうした状況に陥ると、建物の維持にかかる余分なコストが生じる可能性があります。そのため、定期的に専門業者による点検を受け、早めのメンテナンス計画を立てることが重要です。